逆援助交際は、男性にとって嬉しいものですか?

援助交際のという言葉については、わざわざこんなところで説明するまでもなく、多くの人がすでに意味をご存じだと思うのです。
念のために説明すると、出会い系サイトを通じて知り合った男女が、まああれですね、最初のうちはメル友かなんかで関係を続けていたとしましょう。
女の子の方に多少でも気があったら、たぶん援助交際にはならないんですよ。
お金のやり取りが無くてもお付き合いが安定します。
好きな男にはとことん甘い声を出して、興味が無い男にはとことん冷たくする、それが女という生き物ですから。
そのことが腹立たしく思えることもあるのですが、女としてはそれでもけっこうな苦労が多いみたいですね。
自分が理想の男を選んだつもりでいても、都合よくその男から振り向いてもらえる可能性なんて本当に低いですし。
上手く行く恋なんて本当にわずかしかないんですよ。
それは今も昔も、出会い系サイトがあろうが無かろうが全く同じだと思いますね。

出会い系サイトを通じて知り合った女の子に対し、ただのメル友じゃ満足できないからということで、ちょっと気合を入れた(?)男が女の子にお金を渡そうと提案して、その提案が受け入れられて関係が続くのだとしたら、その二人の関係は援助交際という前提で成り立つものなのだと考えられます。

逆援助交際というのは、この関係の逆ですね。
つまり女性の側が男性にお金を渡してお付き合いをお願いするんですよ。
これだけ聞けば、なんだかとても都合のいいお付き合いだと思えませんか?
男性にとっては嬉しい限りですよね、お小遣いをもらえたうえに女性とお付き合いできるなんて。
出会い系サイトがあるからこそ、こんなお付き合いが成立するのは明らかです。
普通に生きているだけではなかなか経験できないものでしょう。
もちろん、出会い系サイトを利用する人たちが普通ではないのかと言われれば、決してそういうことが言いたかったわけではないと否定するしかないのですが。

で、話を元に戻しますが、お小遣いをもらったうえで女性とお付き合いをすることが、男性にとって本当にうれしいことなのかどうか、実はこのことについて、必ずしもその通りだとは言い切れない事情があります。
なにしろ、お金を受け取った時点で、男性がその相手の女性と付き合わなければならないことは確定事項ということになります。
若しも条件が飲めないのであれば、お金を受け取るより前にお断りするしかないのですから。
お金をもらってお付き合いをするからと言って、相手の女性がどんな人なのかが分からない以上、不安だって大きいのではないですか。

分かりやすく説明するため、あえてひどい言葉を使いますが、たとえ相手がどれほどの不細工であっても、お金をもらった以上は相手の言うことを利かなければならない。
そういう苦労が、逆援助交際の世界には少なからずあります。
もちろん、傍目には逆援助交際だということが全く分からないくらい、美男美女のカップルが成立する可能性だってありますが、世の中にはそういう話ばかりではないのだということを、知っておいた方が良いでしょう。」

逆援助交際の世界で神とあがめられる男性は、どんな女性の要望にもこたえて見せるようですよ。